未分類

サラリーマンが一番できないこと・・・それは意思決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

異業種交流で、よくある話ですが、意思決定ができない人とは交わらないということがあったりします。
サラリーマンはいわゆるオーナー(社長)の意向できているので、その目的にしか行動しません。

これはほかのメンバーからすれば、この人と価値は特にないって思われてしまうのです。

たとえ、社長の意向できたとしても、しっかりと自分の意見を伝えたり、相手の話を聴いて、関心あることはしっかりときくという姿勢が大事なのです。

しかも、そんな人柄の人は実は会社で出世するのです。

会社は個性の強い人材をもとめているといいながら、その根本は、会社のいうことを聞かない人は大切にしないという変な風潮もあります。
でも、もう一歩入るとそのさらに上をいって個性を発揮する人が出世するのです。
しかも、だれかの腰ぎんちゃくではなく、本当に大事な人材としてです。

サラリーマン起業家になれない人には実はこんな人が多いのです。

サラリーマン起業とはいえ会社の社長ですから、個性もですし、決断できる心を持つことも大事なのです。

異業種交流会にいくと、人があつまることころと集まらないところの違いが大きくかわると思います。

常に人生は選択、苦しいときは、なにかにかけてみるときも選択

つまり意思決定ができない人は起業家にむかず、サラリーマンで誰かのあとを追って生きるほうが向いていると思います。

起業に関するお問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*