コラム

サラリーマン起業の欠点を強みに変えるコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

起業家からみたサラリーマン起業家の弱み

・時間がない

・どっちつかずにうまくいかないと思う

・覚悟が足りない

などいろいろあります。

で、私の見てきた多くの人で多いのは心が揺らぐのです。

・これって本当にもうかるのかとか
・成果ないけど大丈夫
・本牛に振り回されてそれどころじゃない

って感じですね。

でもね、意外にサラリーマン起業家を起業家はうらまやしがったりするんです

・安定した収入がある中での活動なので生活は安定している
・会社組織で得られる人脈を広げられる
・会社経費で能力アップのチャンスがある

とか。

そして、組織と個人が戦った時残念ながら組織がいろいろな意味で強いこともわかるんです。

だから、ある意味起業家はうらやましいのかもしれません。

で、強みがあるのに、活かすことができないでいる最大の理由は
これはサラリーマン起業で多いのですが、自分がぶれるということです。

会社の仕事で一時的にせよ、そこで没頭すると、自分の事業に気がいかなくなる
ここだけで心一杯になってしまいがち

だから、自分の今やっていることって本当に大丈夫って思ったりするのです。

 

でも、安心してください。

この気持ちを整理してくれる方法があります。

 

それは、メンターを創ること、いつでも、話してもらえる人と正直に話すことです。

人は言葉で心動きます。

だから、人と話することは大事なのです。

あと、一つは起業している場所の環境整備

 

つねに前向きな人と仕事していることが非常に大事なのです。

その環境をきっちり整えておくことで、サラリーマンでも起業できるんです。

簡単にいえば、もっと気楽にやればいいのです。

そうすれば、いろいろ見えてくるのです。

成果もあがってきます。

サラリーマンの起業に関する相談乗ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*