コラム

サラリーマン起業家といえども、覚悟をもっていないのなら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

起業家は、その道で生きていきます。
サラリーマン起業家はその道とサラリーマンとしての給与で生きていきます。

そこで、起業家はどうしても、中途半端だと思い、サラリーマン起業家と真剣に仕事に向き合いたいと思わない人がいます。
サラリーマン起業家といえども起業家であればそれなりの覚悟を魅せる必要があります。

その覚悟ってどのように見せるのか。

答えは、ビジネスの具象化であり、活動であり、成果であるということです。

サラリーマン起業家で、しっかり信用を得ている人は自分の人生の方向性を明確にし、さらに、それへ向けての活動を自分で自発的に行っています。
依存という状態はどうしても、信用を得るには厳しいでしょう。

努力をおしまない覚悟。

このビジネスで儲けるんだという覚悟。

この二つがないのであれば、サラリーマン起業家としての成果は期待できないのではないでしょうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*