コラム

シニアこそサラリーマン起業を推奨します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

多くの会社である組織の流れとして、50歳か55歳をピークに役職定年があり、そして、定年があります。

人生80年といわれている時代、まだ、20年も生きていくのに、すでに終わりを迎えるというこの固定概念。

もう、わすれないといけないと思うのですが、現実はなかなかかわらないと思います。

だからこそ、最後まで現役で働くなら、すきなことでやりたいことで生計をたてていきたいと思いませんか。

 

とは言え、やめてからの起業では、やはり遅すぎます。

だから、会社員あるうちから、しっかり、次のことを視野にいれるためにもサラリーマン起業家になっておくべきだと信じます。

定年になってから考えるといっている方とおなじことをしていては、つらい末路を迎えるかもしれません。

いまのうちに、しっかりと計画し、実践し、成果をあげ、自分を信じる力、周囲にふりまわされない力をもっていただければと思います。私はそのサポートをしています。

サラリーマン起業デビュープログラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*