未分類

退職起業とサラリーマン起業の差

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

退職してからビジネスモデルを考えて、それから、起業に向かって計画準備して、行動するときに一番気を付けないといけないこと、それはすぐの結果にこだわらないことです。

そんなに簡単に結果がでると考えないことが正解です。すくなくとも1年は成果が上がるまでかかるぐらいの気持ちをもたないと精神的に参ってしまいます。

 

だから、会社へ行きながら自分のビジネスを持っておくことがどれだけ大事かってことを知ってほしいのです。
定期的収入があるうちから、計画行動、そして、起業家マインド学んでおくことをまずやっておきましょう。

そして、その間に試行錯誤を繰り返し、小さくてもいいから、自分のビジネスで、お金が生まれる、成果が上がる経験を積み重ねておくことで、会社をやめるときがきても、安心して、起業家の道に進むことができるのです。

それが、あなたの起業家の基礎となり、そして、起業家になるときがきたら、そこから、発展しやすくなるのです。

このサラリーマンしながら起業できるオールサポートをサラリーマン起業推進協議会では、しております。

それが、サラリーマン起業デビュープログラムです。

詳しくはサラリーマン起業デビュープログラムをご確認ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*