未分類

大きく変わる労働環境

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

これから数年のちに労働環境がどんどん変わっていきます。
ワークライフバランス
1か所からの実質収入の減少
終身雇用の完全崩壊
総合職の収入減少
など、いままでの働き方では収入の目減りは避けられません。

そして、もっと高付加価値の仕事を想像する必要がありますし、
国がその方向性を明確に打ち出しております。

このように労働環境が大きく変化していくうえで出てくるのが、
その変化に対応できない人たちです。

サラリーマンは何かに依存していきています。
一番会社です。
ずっとあるインフラであった今までですが、これからは構造改革により
淘汰されたりします。

もちろん発展もありますが、どちらにせよ。
大きな変化が起きるでしょう。

そして、もう一つ、大きな方向性として廃業率、起業率を10%台にもって
こようとしております。
これも大きな産業構造の転換を目指しております。

こんな中で、今まで呉越同舟だった集団企業が、個人の力量による時代に
映っているんです。

自分の収入は自分で稼ぐ時代に入ったということだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*