サラリーマン起業デビューストーリー

サラリーマン起業デビューストーリー(11)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【登場人物】

サラリーマン起業家志望 渡辺 一さん(仮名) (38歳)
家族 妻 小学校3年生女の子
現在、年商20億の会社に営業で勤めている。

サラリーマン起業推進協議会デビューコーディネーター
佐々木 龍男(仮名) (45歳)

渡辺さんは、WEBインフラを使って、イベント告知をしていきました。約2か月たったところからのお話です。

佐々木:さて、ここまで活動をされてきましたが、いかがですか
渡辺:土曜日を中心に、イベントをどんどん作成し、WEBインフラを使って行動しました。また、あのあと、佐々木さんから言われてたようにモニターで知り合いの3人にセッションをさせていただきました。

佐々木:ここまででなにか変化がありましたか
渡辺:正直、最初は全然反応ないし、もうやめたくなるように思いましたね。でも、ここまで積み上げた自分を裏切りたくなく、持続させていただきました。3週間目に初めて、お試しセッションのお申し出あったのはうれしかったです。それで、約2か月で3人させていただきました。あと、もう一つ、よかったのが、モニターをおねがいしていた3人のうちの一人からなんと半年ですが本契約をもらったことです。

佐々木:ここまですごくがんばられました。まだまだですが、少しずつやっていきましょう。で、ここまでやってきたことで、セッションさせていただいたかた、モニターの方の声を必ず聴いて、ホームページで掲載してください。
そうすることで、あなたへの信頼度が上がってきますから、それでは、あと一つやってほしいことがあります。
渡辺:なにをすればよいですか

佐々木:あなたの見込み客が集まりそうな集団へ所属してみてはと思います。
渡辺:集団へ所属?

佐々木:そうです。個人での信頼はなかなかあがりません。なので、何かの集団に所属してみることでその中で信頼を創れるからです。
ただし、すぐに何かに入ろうとせず、いろいろなところへ行って話をしてみてください。そんななかで面白そうなところ、自分に合うような場所に行ってみてください。

渡辺:了解です。では、今の行動とともにやってみたいと思います。でも、サラリーマンとはぜんぜんちがうので本当に刺激的です。

==============================
起業デビュープロジェクトはこちらです
http://hybridkigyo.com/debutprogram/
===============================

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*