コラム

人生を自分が描くための2つの心構え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

サラリーマンはどこかに所属して、その会社で、ひとつのコマとして動きます。
別に意志を動かすことができないわけではありません。
そのサラリーマンの中でもしっかりと自分の個性を出して楽しむサラリーマンも
います。

しかし、その場合でも究極になった時に、全然違う方向性に向かうこともあるのです。
その時に、会社を辞めて独立する人も
この多くの人は自分で人生を描く力をもっているかどうかで成功するかどうかが
決まってきます。

それではどうすれば、人生を自分で描くことができるのでしょうか。
それは心構えだと思います。
私はその心構えを2つに分類してみました。

1、自分で人生を切り開く楽しみ
多くの方はサラリーマン時代はひかれた道の上でのパーフォマンスを一生懸命行って
いかにも毎日が忙しいごとく感じて生きています。
彼らに未来の不安があっても、今のルーティンがあれば、それをこなせばいきていける
という幻想ができてしまい、視野がそこだけになってしまいがちです。

そんなサラリーマンから起業する場合、自分で道を切り開くことをしていないと
仕事を創りだす力がないために結構つらい精神状態になります。

サラリーマンであっても人生を自分で切り開く。道を創っていくというスキルを
身につけましょう。

2、一緒に行動してくれる仲間をつくる。
どんなときでも一人ではなにもできません。
できたとしても、たかが知れています。
一人パートナーができただけでその進捗、成果はひとりのときとちがって
ぜんぜん変わってきます。

大事なのはこの一緒に行動してくれる仲間をつくることです。
自分の人生を切り開くのもだれと一緒なら怖くありません。

サラリーマン起業推進協議会はこの方面のサポートもしっかり行っております。

40628277_35U

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*